メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽劇「ふるあめりかに袖はぬらさじ」 幕末の芸者、魅力的に 大地真央が再演

 <日曜カルチャー>

 有吉佐和子の戯曲が原作の音楽劇「ふるあめりかに袖はぬらさじ」が18~27日、博多座で上演される。主人公のお園を演じるのは大地真央。「女性が蔑視されていた時代に、明るくたくましく、前向きに生きた姿を見てほしい」と語る。

 幕末の横浜にある遊郭・岩亀楼(がんきろう)が舞台。三味線が得意な芸者のお園と親しい遊女、亀遊(きゆう)(中島亜梨沙)は、恋人(矢崎広)がいるのに米国商人から身受け話が持ち上がり、自害してしまう。お園は亀遊の悲劇を客に聞かせるが、語るうちに虚飾が段々大きく膨ら…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  2. 新型コロナ感染、福岡市の女性死亡 九州の感染者で初

  3. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  4. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

  5. 新型コロナ 県内感染者「3次」含む8人に 富山のケアマネら 氷見の職安、当面閉庁 /富山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです