メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

第三夫人と髪飾り 19世紀ベトナムの日常、ごく静かに性差別描く

 舞台は19世紀のベトナム。川を舟で上ってきたのは、まだ14歳の少女、メイ。大地主と結婚するためにやってきたんです。

 でも、その地主には奥さんがいる。それも第1夫人のハに加えて第2夫人のスアンもいますから、メイは3人目の夫人なんですね。おまけにハには息子ひとり、スアンにも3人の娘がいますから、奥さんが2人、子どもが4人もいる家に、第3の奥さんとしてやってきたことになります。

 これだけで私などはこんなことあるのかと驚いてしまいますが、この土地ではこれが普通のできごとらしい。…

この記事は有料記事です。

残り1436文字(全文1674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです