メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ側がシリア北部で民間人9人処刑か 人権団体が発表 米軍拠点近くにも着弾

 トルコ軍が9日に開始したシリア北部のクルド人勢力に対する軍事作戦で、在英民間組織・シリア人権観測所は12日、トルコ側部隊が「民間人9人を処刑した」と発表した。トルコの攻撃を受けるクルド人主体の民兵組織「シリア民主軍」(SDF)は「非武装の民間人の殺害は戦争犯罪だ」との声明を出した。事実なら、トルコに対する国際世論が硬化するのは必至だ。

 同観測所によると、トルコ軍の支援を受けるシリア反体制派が、北部テルアビヤド近郊の複数の場所でこれまでに「銃殺刑」を実施したという。9人の中にはクルド人の有力女性政治家も含まれており、SDFは「車で移動中に引きずり下ろされ、銃殺された」と主張している。だが反体制派はロイター通信に対し、この政治家の殺害を否定した。

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 巨人選手に新型コロナ感染の疑い 練習試合中止

  3. 漫画「鬼滅の刃」が完結

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』スピンオフ短編、ジャンプに掲載へ 炎柱・煉獄の新たな物語

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです