eスポーツ全国優勝 長崎の小学生が挑む「ぷよぷよ」の魅力

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019IBARAKI」の「ぷよぷよeスポーツ」小学生の部で優勝した西海市の小学6年、小佐々流嬉さん=浅野翔太郎撮影
「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019IBARAKI」の「ぷよぷよeスポーツ」小学生の部で優勝した西海市の小学6年、小佐々流嬉さん=浅野翔太郎撮影

 茨城国体の文化プログラムで初開催された「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019IBARAKI」(10月5、6日)。パズルゲーム「ぷよぷよeスポーツ」の小学生部門に九州・沖縄ブロック代表として出場した長崎県西海市の小学6年、小佐々流嬉(るき)さんは、全国の強豪を撃破して初の王者に輝いた。競技人口や大会の開催が急速に増えるeスポーツの魅力や、普段の生活について聞いた。【聞き手・浅野翔太郎】

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文838文字)

あわせて読みたい

注目の特集