メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eスポーツ全国優勝 長崎の小学生が挑む「ぷよぷよ」の魅力

「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019IBARAKI」の「ぷよぷよeスポーツ」小学生の部で優勝した西海市の小学6年、小佐々流嬉さん=浅野翔太郎撮影

 茨城国体の文化プログラムで初開催された「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019IBARAKI」(10月5、6日)。パズルゲーム「ぷよぷよeスポーツ」の小学生部門に九州・沖縄ブロック代表として出場した長崎県西海市の小学6年、小佐々流嬉(るき)さんは、全国の強豪を撃破して初の王者に輝いた。競技人口や大会の開催が急速に増えるeスポーツの魅力や、普段の生活について聞いた。【聞き手・浅野翔太郎】

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  2. 特集ワイド コロナショック 正確な現状分析なき「宣言」 元厚労相・前都知事、舛添要一氏

  3. 学生に「バイト来るな」 大学に「住所教えろ」 クラスター発生の京産大へ差別相次ぐ

  4. 東京都 感染拡大防止協力金に最大100万円 休業要請の事業者に

  5. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです