メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

殺処分ゼロ目指し 地域猫対策や子猫里親に力 和歌山市

ミルクボランティアの女性が育てている子猫=和歌山市の女性宅で2019年10月7日、後藤奈緒撮影

 野良猫や野良犬の殺処分ゼロを目指して、和歌山市は15日、これまでの市保健所より多くの犬猫を収容できる市動物愛護管理センター(同市松江東3)をオープンさせる。飼うことを希望する人への譲渡会の回数も、月1回から2回に増やすという。一方、同市や県は持ち込まれる犬猫の数を減らす取り組みにも力を入れている。特に猫については、生後間もない子猫を一時的に預かる「ミルクボランティア」を募集し、野良猫を増やさない「地域猫対策」を進めている。【後藤奈緒】

 「ミーミー」。和歌山市の一軒家のリビングで、生まれて間もない子猫5匹が元気な声で鳴いていた。ミルク離れした別の子猫3匹は部屋の中を走り回っている。「かわいいでしょ」。ミルクボランティアの女性会社員(51)は優しくほほえみながらミルクをあげた。

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文858文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  3. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  4. 萩生田文科相「臨時休校の期間や方法、学校設置者で工夫を」 新型肺炎

  5. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです