稼働続く「地下神殿」 台風19号で流れ込んだ中小河川の水を江戸川へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
首都圏外郭放水路の調圧水槽の内部 拡大
首都圏外郭放水路の調圧水槽の内部

 台風19号を受け、洪水防止のために埼玉県春日部市の中小河川の水を地下に取り込み、地下トンネルを通じて排水ポンプで江戸川に流す「首都圏外郭放水路」が12日午後6時50分から稼働した。施設を管理する国土交通省江戸川河川事務所によると、13日午後も稼働を続けている。

 同放水路の調圧水槽(長さ177メートル、幅78メートル、高さ18メートル)は「地下神殿」の愛称で多くのメディアに取り上げられて人気を博しており、2018年度は約6万2000人が見学に訪れた。

 施設見学は台風19号が直撃した12日は中止したものの、13日は通常通り実施。放水路に水が流れる様子を上部から見ることができたという。【古賀三男】

あわせて読みたい

注目の特集