メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あいちトリエンナーレ14日閉幕 「不自由展」中止・再開、補助金不交付など課題積み残し

「不自由」と書かれたバッグを持って不自由展会場を訪れた女性。「前回見に来たときにすばらしいパワーが押し寄せてきた。それをまた体験しに来ました。芸術の攻撃は芸術で返しましょう」と話した=名古屋市東区で2019年10月8日午前10時4分、兵藤公治撮影

 「表現の自由」を巡って論議を集めた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」は14日、75日間の会期を終えて閉幕する。企画展「表現の不自由展・その後」が8月1日の開幕後3日で中止され、閉幕1週間前に再開されたが、文化庁の補助金不交付問題など課題は積み残される。芸術祭実行委員会会長の大村秀章・愛知県知事が表現の自由を世界に誓う「あいち宣言」を発表する予定。

 芸術祭は「男女平等」を旗印に国内外90組超の作家が参加し、ジャーナリストの津田大介芸術監督の決めた…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 藤田菜七子騎手が中央重賞初制覇 女性騎手初

  2. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

  3. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  4. 中村哲さん銃撃後「誰も生きていないな」武装集団4人前後、計画的犯行か

  5. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです