巨大台風、高水温で発達 「大気の川」合体、衰えず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
今回の台風が大雨をもたらしたメカニズム
今回の台風が大雨をもたらしたメカニズム

 今回の台風19号は強い勢力を保って上陸し、東日本の広範囲で記録的な大雨をもたらした。日本の南海上や周辺の海面水温が高かったため、「急速に発達し、あまり衰えなかった」ことが要因として挙げられる。

 19号は6日午前、南鳥島近海で発生。台風は海面水温が26~27度より高いと発達する。坪木和久・名古屋大宇宙地球環境研究所教授(気象学)によると、発生周辺海域では29度もあり、中心気圧が24時間で915ヘクトパスカルまで77ヘクトパスカルも急降下し、「急速強化」と呼ばれる極端な発達となった。急速強化が起きた過去の台風には、関東や東海に豪雨をもたらした狩野川台風(1958年)や、5000人を超える死者・行方不明者を出した伊勢湾台風(59年)がある。

 北上すれば通常は海面水温が低くなり、台風の勢力は徐々に衰える。ところが、今回は日本周辺の南海上の海面水温が平年より1~2度高く、19号は勢力を維持。坪木教授は「(小笠原諸島・硫黄島に近い)北緯25度付近まで(米国が最強クラスに分類する)『スーパー台風』の勢力を維持していた」と話す。乾いた空気の流入など、発達の阻害要因もほとんどなかったという。

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文1018文字)

あわせて読みたい

注目の特集