メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

FW陣躍動、重量サモアねじ伏せる アイルランド、上り調子で決勝Tへ

スコットランド戦の前半、タックルを受けながらも突進するアイルランドのベスト(右)=横浜・日産スタジアムで2019年9月22日、宮武祐希撮影

○アイルランド47―5サモア●(ラグビーW杯1次リーグA組)

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会は12日、福岡・レベルファイブスタジアムで1次リーグA組の1試合があり、アイルランド(世界ランキング4位)がサモア(同14位)に47―5で快勝して、決勝トーナメント進出を決めた。

 アイルランドは前半28分に危険なタックルでバックスの選手が退場となった。残り約50分間も、14人で戦わざるを得なくなったが、影響を全く感じさせなかった。フィジカルの強さを誇るサモアを力でねじ伏せ、シュミット監督は「選手は重圧もある中で、柔軟性と熱意を持っていいプレーをしてくれた」とねぎらった。

 試合開始直後から、FW陣の動きの良さが際立った。前半3分、相手ゴール前約5メートルのラインアウトか…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  2. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです