メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

冷静沈着なチームの「心臓」 スコットランドのベテランSH・レイドロー

【スコットランド-サモア】前半、ゴールキックを決めるスコットランドのレイドロー=ノエビアスタジアム神戸で2019年9月30日、山田尚弘撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で1次リーグA組の日本(世界ランキング8位)は13日午後7時45分から、横浜・日産スタジアムで初の8強入りを懸けてスコットランド(同9位)と対戦した。

 豊富な経験に裏打ちされた抜群の判断力に、ブレはない。スコットランドのSHレイドローはいつでも冷静沈着だ。「やるべきことをやる。自信はある」。勝利とともに「勝ち方」も重要になる一戦でも、その姿勢に変わりはなかった。

 12日で34歳となったベテランの輝きに陰りはない。34―0で快勝したサモア戦(9月30日)は正確なキックに加え、自らトライも決め、12得点を稼いだ。前半中盤まで停滞気味だった試合展開をキック主体に切り替え、一気に主導権をたぐり寄せた。多彩な攻撃を持ち味とする伝統チームの「心臓」ともいえる存在だろう。

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文762文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  4. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

  5. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです