メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

冷静沈着なチームの「心臓」 スコットランドのベテランSH・レイドロー

【スコットランド-サモア】前半、ゴールキックを決めるスコットランドのレイドロー=ノエビアスタジアム神戸で2019年9月30日、山田尚弘撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で1次リーグA組の日本(世界ランキング8位)は13日午後7時45分から、横浜・日産スタジアムで初の8強入りを懸けてスコットランド(同9位)と対戦した。

 豊富な経験に裏打ちされた抜群の判断力に、ブレはない。スコットランドのSHレイドローはいつでも冷静沈着だ。「やるべきことをやる。自信はある」。勝利とともに「勝ち方」も重要になる一戦でも、その姿勢に変わりはなかった。

 12日で34歳となったベテランの輝きに陰りはない。34―0で快勝したサモア戦(9月30日)は正確な…

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文762文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  2. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです