メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

冠水した道路から、スコップを持って泥をかき出すカナダ代表のジョシュ・ラーセン選手(中央)ら=釜石市千鳥町で

 台風19号の影響で13日のラグビー・ワールドカップ(W杯)ナミビア戦(釜石鵜住居復興スタジアム)が中止になったカナダ代表が同日、滞在中の岩手県釜石市で土砂を取り除くなどのボランティア活動に汗を流した。「紳士すぎて感謝しかない」「胸が熱くなった」など選手をたたえる声が相次いでいる。

 カナダは最終戦のナミビア戦で今大会初勝利を狙ったが、試合中止で引き分け扱いとなり、B組最下位が決まった。…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです