ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
冠水した道路から、スコップを持って泥をかき出すカナダ代表のジョシュ・ラーセン選手(中央)ら=釜石市千鳥町で
冠水した道路から、スコップを持って泥をかき出すカナダ代表のジョシュ・ラーセン選手(中央)ら=釜石市千鳥町で

 台風19号の影響で13日のラグビー・ワールドカップ(W杯)ナミビア戦(釜石鵜住居復興スタジアム)が中止になったカナダ代表が同日、滞在中の岩手県釜石市で土砂を取り除くなどのボランティア活動に汗を流した。「紳士すぎて感謝しかない」「胸が熱くなった」など選手をたたえる声が相次いでいる。

 カナダは最終戦のナミビア戦で今大会初勝利を狙ったが、試合中止で引き分け扱いとなり、B組最下位が決まった。…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文487文字)

あわせて読みたい

注目の特集