メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

冠水した道路から、スコップを持って泥をかき出すカナダ代表のジョシュ・ラーセン選手(中央)ら=釜石市千鳥町で

 台風19号の影響で13日のラグビー・ワールドカップ(W杯)ナミビア戦(釜石鵜住居復興スタジアム)が中止になったカナダ代表が同日、滞在中の岩手県釜石市で土砂を取り除くなどのボランティア活動に汗を流した。「紳士すぎて感謝しかない」「胸が熱くなった」など選手をたたえる声が相次いでいる。

 カナダは最終戦のナミビア戦で今大会初勝利を狙ったが、試合中止で引き分け扱いとなり、B組最下位が決まった。だが、その去り際はスポーツマンらしい粋なものだった。選手たちは釜石に残り、大雨で路上にたまった土砂や泥をスコップでかき出したり、ゴミ袋に集めたりした。

 大会組織委員会はW杯公式ツイッターに写真と動画を載せて活動の様子を伝え、「カナダ代表の誠意と思いやりあふれる行動に心から感謝します」と記した。

 また、W杯初勝利を目指していたナミビアも滞在先の同県宮古市で「台風被害を受けた市民を元気づけたい」と自らファン交流会を開催した。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)では「悔しいはずなのにありがとう」「ラグビー精神の素晴らしさを知った」と両チームに賛辞が贈られている。【大島祥平】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです