メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

短期決戦に無類の強さを誇るソフトバンク、次に挑むのは3年連続日本一

【西武-ソフトバンク】ソフトバンクの工藤監督=メットライフドームで2019年10月13日、吉田航太撮影

 ○ソフトバンク9―3西武●(13日・メットライフドーム)=ソフトバンクが日本シリーズ出場

 リーグ優勝が果たせなかったのが不思議なくらいの圧倒的な強さ。ソフトバンクが昨年に続いて西武を破り、日本シリーズへの切符をつかんだ。2位以下のチームが2年連続で日本シリーズに進むのは史上初めてで、工藤監督は「チーム一丸となっての勝利」と選手たちをたたえた。

 ソフトバンクはCSファーストステージ第2戦から6連勝。11日の第3戦で4打点を稼いだ牧原のように試合の行方を左右する活躍を披露するヒーローが日替わりで現れ、層の厚さを見せつけた。

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  2. 登下校中のマスク、文科省「暑い日はむしろ危険」 児童間距離確保に「傘」利用も

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転…「第2波」への懸念強まる

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです