メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

【日本-スコットランド】後半、この日2本目のトライを決める福岡=横浜・日産スタジアムで2019年10月13日、藤井達也撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で1次リーグA組の日本(世界ランキング8位)は13日、横浜・日産スタジアムで1次リーグ最終戦に臨み、スコットランド(同9位)に28―21で逆転勝ち、4連勝で初の決勝トーナメント(準々決勝)進出を決めた。アジア勢の8強は初めて。勝ち点19でA組を1位で通過した日本は20日午後7時15分から、東京・味の素スタジアムで行われる準々決勝で、B組2位の南アフリカ(同5位)と対戦する。

 1987年の第1回大会から9大会連続出場の日本は、アジア初開催の今大会で、優勝候補のアイルランド(同4位)を破るなど躍進を果たした。W杯の通算成績は8勝2分け22敗。前回大会で唯一敗れたスコットランド戦は2勝10敗。

ラグビーW杯決勝トーナメントの組み合わせ

 準々決勝は19、20日、味の素スタジアムと昭和電工ドーム大分で行われる。(世界ランキングは12日現在)

    ◇

 日本―スコットランド戦後に13日付の世界ランキングが発表され、日本は過去最高位の7位に浮上した。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです