松島・福岡、黄金のウイング 電光石火のトライで8強入り

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

○日本28―21スコットランド●=13日・日産スタジアム(ラグビーW杯、1次リーグA組)

 日本のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチが「彼のような選手は(高級スポーツカーの)フェラーリ。絶好調でないと使えない。今こそ絶好調だ」と状態に太鼓判を押したのが、WTB福岡だった。スコットランド戦で今大会初先発。WTB松島とともに飛車、角がそろった日本のバックスは抜群の切れ味を見せた。

 電光石火のトライが生まれたのは7点を追う前半17分。ラインアウトからの連続攻撃で日本はスコットランド陣へ攻め込んだ。密集から出たボールをCTBラファエレが左タッチライン際の福岡にパス。スピードに乗った福岡はタックルを受けて倒れ込みながら、左手で内へパスを返した。両手でしっかりと捕球した松島が急加速し左中間へ飛び込んだ。松島は「しっかり内側にいることを伝えて、もらえた。いいコミュニケーションでトラ…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文825文字)

あわせて読みたい

ニュース特集