メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 県南で記録的豪雨 24時間降水量、八戸で観測史上最大 /青森

[PR]

 大型で非常に強い台風19号は13日午前に青森県に最も接近し、八戸市で24時間降水量が観測史上最大を記録するなど、南部地方を中心に記録的な豪雨に見舞われた。県によると男性1人が転倒して軽傷を負ったほか、浸水の住宅被害も確認された。【井川加菜美、藤田晴雄、江沢雄志】

     気象庁によると、24時間の降水量は八戸市で171・5ミリと観測史上最大を更新。野辺地町でも100・5ミリと10月の観測史上最大を記録した。

     県などのまとめ(同日午後3時現在)によると、同市で20代男性が強風にあおられて転倒し軽傷。また、同市と階上町で床上・床下浸水計7棟の住宅被害があった。

     八戸市など1市3町で一時避難勧告が出され、県内26市町村で避難所が開設。計513人が避難した。また、強風の影響で折れた枝が配電線に接触したことなどにより、八戸市や十和田市など計2市3町で延べ1921戸が一時停電した。

     一方、台風の影響で、13日未明に最大瞬間風速22・2メートルを観測した黒石市では同日午前、市や津軽みらい農協の職員が市内全域のリンゴ園を巡回した。調査の結果、園地によっては落果したリンゴも見られたが、被害は軽微だったとしている。

     調査によると、同市のリンゴ栽培面積1219ヘクタールのうち、被害面積は0・5ヘクタール、落果率は0・05%だった。市の高谷倉英農林部長は「心配していたが、大きな被害もなく一安心」と話した。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

    2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

    3. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

    4. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

    5. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです