メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選 青森山田、男女V 男子4連覇、女子27連覇 /青森

フィニッシュする青森山田・男子の田高永輝選手(3年)=青森県東通村の東通中陸上競技場で

[PR]

優勝のテープを切る青森山田・女子のエリザベス・ジェリー選手(3年)=青森県東通村の東通中陸上競技場で

 男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会の県予選(主催・県高体連、青森陸上競技協会、毎日新聞青森支局、東通村)が12日、東通中陸上競技場を発着点とするコースで行われた。男子は青森山田が4年連続25回目の優勝。女子は青森山田が27連覇を果たした。ともに12月22日に京都・都大路で開催される全国大会に出場する。

 男子は、青森山田が1区から先頭に立ち、4区以降は2位に3分以上の差をつけて独走。全区間で区間賞の走りをみせ、2区と6区で区間新記録を出すなど他を圧倒し、昨年を4秒上回る2時間7分25秒でフィニッシュした。

 名久井農は、台風に伴う学校の都合で棄権した。

 女子は青森山田が、1区で一気に後続を引き離し、2区で八戸西の猛追を受けたが3区以降で再び差を広げ、2位に5分以上の差をつけて優勝した。

 県予選の上位4校は11月7日の東北大会(山形県)に出場する。【江沢雄志】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 視聴室 新番組・俺の家の話

  3. バグダッド中心部で自爆テロ 32人死亡、110人負傷

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです