メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19記者リポート

AI配車タクシー 観光客対象に実証実験 /福井

AI配車のタクシーに乗り込むイタリア人観光客(右奥)=金沢市で、日向梓撮影

 金沢市でAI(人工知能)を使った相乗りタクシー実現の試みが進んでいる。先月21日には観光客を対象にした実証実験があり、市は交通過疎地域での新たな移動手段の可能性も見据える。北陸3県には他にも、自動運転の実証実験などを通じて住民の「足」を維持する方法を模索する自治体がある。取り組みの現状を追った。【日向梓】

 金沢市の実験はAIなどの活用を進める市の「新産業創出ビジョン」の一環で、ベンチャー企業「未来シェア」(北海道函館市)などと協力して実施した。乗客が専用アプリで乗降車位置や配車希望時間、人数などを送信すると、AIが客の要求に応じて最も近くを走るタクシーの端末に配車を指示。複数の予約を集約し、最適ルートでそれぞれの乗客を乗り降りさせることもできる。アプリは日本語の他、複数の外国語に対応していて、入力…

この記事は有料記事です。

残り962文字(全文1316文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

  2. 都知事選、投票始まる 最多22人立候補、夜に大勢判明

  3. 静岡で工場火災 消防隊員3人、警察官1人と連絡とれず 煙充満、捜索難航

  4. コトバ解説 「心肺停止」と「死亡」の違い

  5. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです