メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

多治見「山の花」オープン 空きビル、商業施設に再生 ギャラリーなど /岐阜

空きビルを再生し、陶磁器ショップを開店した「新町ビル 山の花」の花山和也社長=多治見市新町で2019年9月26日午前11時26分、立松勝撮影

 多治見市中心街の空き店舗を再生させる新町ビルプロジェクト第1号、「新町ビル 山の花」がこのほどオープンした。昭和の雰囲気を残す空きビルを改装し、陶磁器ショップ、ギャラリー、レストラン、貸しオフィスなどが入居し、複合商業施設として再出発した。【立松勝】

 この空きビルは、1967年に建設された鉄骨4階建ての旧カメラ店で、延べ床面積は約260平方メートル。閉店して20年近く、使われないまま放置されていた。

 再生したのは、2014年に名古屋市から多治見市へ移住した元陶芸アシスタントの花山和也さん(33)。…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  3. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  4. 中村さん事件で生存者 後続車運転の男性「突然の銃声、20秒の犯行」

  5. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです