台風19号 伊豆半島上陸 6市町に大雨特別警報 行方不明1人、重軽傷6人 連続雨量、伊豆市で688ミリ /静岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
真っ黒な水が濁流となって流れる黄瀬川=静岡県長泉町下土狩の鮎壺の滝で12日午後3時半
真っ黒な水が濁流となって流れる黄瀬川=静岡県長泉町下土狩の鮎壺の滝で12日午後3時半

 各地に甚大な被害をもたらした台風19号は12日夜、伊豆半島に上陸した。気象庁は伊豆、伊豆の国、伊東、熱海、函南、東伊豆の6市町に大雨特別警報を発令した。県内に大雨特別警報が出たのは初めて。台風が通過して一夜明けた13日、県内でも土砂崩れや浸水、断水などの被害が次々に明らかになった。御殿場市で男性1人が用水路に流されて行方不明となり、他に6人が重軽傷を負った。

 県によると、12日午前0時から13日午前7時までの連続雨量は、伊豆市(湯ケ島観測所)688ミリ▽静岡市(梅ケ島観測所)670ミリ、▽富士市(大渕観測所)643ミリ――などを記録した。

水道水のパックの配布を受けたり空のペットボトルを持参したりして給水車に列を作る住民たち=静岡県熱海市の笹良ケ台団地で 拡大
水道水のパックの配布を受けたり空のペットボトルを持参したりして給水車に列を作る住民たち=静岡県熱海市の笹良ケ台団地で
土砂が流れ込んだ「平成の杜」の一室。土砂は1メートル程度の高さがあった=静岡県小山町小山の「平成の杜」で 拡大
土砂が流れ込んだ「平成の杜」の一室。土砂は1メートル程度の高さがあった=静岡県小山町小山の「平成の杜」で

 県は12日午後3時に災害対策本部を設置。大雨特別警報はその30分後に発令され、白土正明・静岡地方気象台長が県庁で記者会見し、「直ちに命を守るために最善を尽くす必要のある警戒レベル5に相当する状況」と呼びかけた。

 菊川市の牛渕川が12日午後5時ごろに氾濫し、狩野川の支流がある伊豆の国市や函南町などでも浸水の被害が出た。小山町では鮎沢川の護岸が決壊し、近くの県営住宅の住民が避難した。13日午後3時現在で函南町などで81戸が床上浸水、西伊豆町などで169戸が床下浸水した。

 最大11市町が避難指示を出し、35市町が避難所を設置。13日午前7時現在も伊豆の国市、函南町など22市町で約3800世帯、約1万1000人が避難(自主避難も含む)を続けた。停電は12日夜に最大約5万1000戸に上った。

 県によると、負傷者の内訳は三島市の70代女性が避難中に風にあおられ転倒して骨折し重傷。下田市の62歳男性、御前崎市の72歳男性、御殿場市の40代男性ら計5人が軽傷を負った。

 台風の影響で、東名・新東名高速道路、中部横断自動車道、国道1号などで通行止めが相次いだ。富士山静岡空港は国内便、国際便とも12日は全便欠航。国内便は13日も一部欠航した。駿河湾フェリーは10~13日全便欠航した。JR御殿場線国府津―沼津駅間、JR東海道線熱海―豊橋駅間、伊豆箱根鉄道三島―修善寺駅間などで12日は終日運休した。【山田英之、古川幸奈】

熱海市、函南町で断水 土砂崩れで送水管破損

 函南町畑では12日午後6時半ごろ、土砂崩れが発生し、県営駿豆水道の送水管が破損した。県企業局は13日、同町と熱海市で断水が発生し、約1万4000人に影響が出ると発表した。復旧に10日程度を見込んでいる。

 熱海市は他市の支援を含む10台の給水車を走らせる。斉藤栄市長は「非常事態ととらえ、給水活動とともに一刻も早い復旧を目指す」と述べた。県は函南町に給水車4台を手配した。

 駿豆水道は清水町の柿田川が水源。三島市の中島浄水場を経て熱海市へ送水する。土砂崩れは通称熱函道路の北約800メートルの函南町道の斜面で発生。幅約50メートルにわたって崩落し、町道下に埋設されていた直径90センチの鋼鉄製送水管を破損した。【梁川淑広、古川幸奈】

小山・高齢者施設、1階に土砂流入 70人避難し無事

 小山町小山の特別養護老人ホーム「平成の杜」で12日午後7時半ごろ、近くの水路があふれ、1階部分が土砂とともに浸水した。併設する養護老人ホームなどと合わせて利用者約70人がいたが、直前に避難させるなどしたため全員無事だった。

 施設によると、施設周辺が浸水していることに職員が気付いた。すぐに1階にいた入所者27人をエレベーターで2階に避難させた。避難の途中で浸水が始まり、窓ガラスがバリバリと割れて、土砂が流入してきたという。

 職員らは13日、土砂をかき出す作業などに追われた。職員の金刺秀徳さん(46)は「日勤職員が泊まり込んでくれなければ間に合わなかったかもしれない。間一髪だった」と話した。

 一方、三島市では松毛川があふれ、御園地区一帯が冠水した。収穫を終えた水田からわらが流れ出し、13日午前も道路や畑を埋め尽くしていた。近くの男性(47)は「未明から片付けをしているので、しんどい。あちこちで被害が出ているので市が復旧にいつ来てくれるか」と不安そうな表情を浮かべた。【垂水友里香】

あわせて読みたい

注目の特集