メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動車 F1日本GP 熱走8.9万人沸く ホンダ勢が活躍 鈴鹿 /三重

 F1日本グランプリ(GP)の予選と決勝が13日、鈴鹿サーキット(鈴鹿市稲生町)で行われた。約8万9000人のファンが詰めかけ、チェッカーフラッグを振りながら、コースを走るマシンに声援を送っていた。

 12日に予定されていた公式予選は台風19号の影響で13日午前に延期となり、決勝の直前に行われた。12日は終日閉園となったため、2日間合計の来場者は昨年より4万3000人少ない計12万2000人となった。

 予選では、ホンダがパワーユニット(PU)を供給するトロロッソ勢とレッドブル勢の計4台が快調な走りを…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです