メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大河の顔、光秀に迫る 来年放送「麒麟がくる」 22日まで安土城考古博物館で特別展 /滋賀

明智光秀のものとして唯一伝わるとされる肖像画の復元画=滋賀県近江八幡市の県立安土城考古博物館で、蓮見新也撮影

 来年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の主人公で戦国武将、明智光秀の肖像画などを紹介する特別陳列「明智光秀と近江」が、近江八幡市安土町下豊浦の県立安土城考古博物館で開かれている。光秀が「本能寺の変」(1582年)で倒した、織田信長が築いた安土城のお膝元での開催に、歴史ファンの興味を引いている。22日まで。

 光秀の肖像画は本徳寺(大阪府岸和田市)所蔵のものが唯一、伝わるとされる。会場には、この肖像画を当時…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文650文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  4. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

  5. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです