メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「見えない力」演劇で伸ばす 小学校でワークショップ 平田さん監修、豊岡で導入 /兵庫

演劇ワークショップで、ゴリラのまねをする豊岡市立三江小の2年生=同市庄境で、村瀬達男撮影

 豊岡市教委は2学期から、資母(しぼ)小(同市但東町中山)と三江(みえ)小(同市庄境)をモデル校に、数値化できない「非認知能力」(やり抜く力、自制心、他者と協働する力)を伸ばす「演劇ワークショップ(WS)」を低学年で始めた。劇団「青年団」主宰の平田オリザさん監修のプログラムで、10日に資母小で、11日に三江小で三つの学年ごとに実施し、子どものコミュニケーション能力を引き出した。【村瀬達男】

 市教委によると、学力テストで測れる「認知能力」を伸ばすには、やり抜く力などの「非認知能力」も大切なため、演劇WSを既に小6と中1で導入。今年度から小1~3年にも拡大し、3年計画で行う。効果測定は青山学院大の苅宿俊文教授が担当し、両日とも現地を視察した。

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 永和商事ウイング快勝 スクールパートナーは敗退 都市対抗東海2次

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです