メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

継続は力なり

わかやま100年企業の挑戦 亀屋旅館 愛される旅館、いつまでも 完全復旧へ力注ぐ /和歌山

亀屋旅館のすぐ近くを流れる大塔川=田辺市本宮町川湯で、目野創撮影

 JR和歌山駅から車で約2時間余り。山々に囲まれた川湯温泉にたたずむ亀屋旅館(田辺市)は200年以上続く老舗旅館だ。近くを流れる大塔川は豊かな恵みをもたらしてくれるが、昨年は台風による氾濫(はんらん)で温泉街に大きな被害をもたらした。完全復旧に向けて汗を流す7代目の小淵誠さん(43)は「愛される旅館をこれからも続けていきたい」と意気込む。

 河原を掘るだけで温泉が湧き出ることで知られる川湯温泉。川の一部をせき止めて期間限定(12~2月)で楽しめる巨大な露天風呂「仙人風呂」が冬の風物詩になっている。熊野本宮大社にも近く、古くから参拝客も多く宿泊してきた。

この記事は有料記事です。

残り941文字(全文1219文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです