メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの味この味

熊本・南小国町 マイタケそば ほっこり心温まる田舎味 /熊本

具となる南小国町産のマイタケを手にする佐藤さん

 阿蘇外輪山の山裾に広がる南小国町は人口約4000人の町ながら、そば屋は21軒を数える。中でも国道212号に並行する赤馬場地区の町道の2・5キロ区間は「そば街道」といわれ、6軒のそば屋が連なる名所となっている。町内各店に必ずあるメニューがマイタケのそば。田舎ならではのほっこりと、心温まる味わいだ。

 今やそばが名物の南小国町だが、元々は手打ち麺で出す本格的なそば屋はなかった。町の手打ちそばの元祖的な存在が花(か)郷(ごう)庵(あん)だ。

 今は2代目の佐藤岳史さん(47)が経営するが、開業は佐藤さんの父勝信さんが地元活性化のため友人4人…

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文991文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです