メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

「不自由展」をめぐって=山田孝男

 古代インドの、とある国の王様が、目の不自由な人々を象に触れさせ、「これは何か」と問うた。

 足に触れた者は「柱のようです」と答えた。

 尾に触れた者は「ホウキのようです」と応じ、鼻に触れた者は「鋤(すき)の柄(え)のような」と言った……。

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」(名古屋市)をめぐる、さまざまな非難合戦を眺め、よく知られたこの説話を思い出した。

この記事は有料記事です。

残り1166文字(全文1364文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 悩み抱えるコロナ感染者 専門家「早めに周囲に助け求めて」 30代女性、命絶つ

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです