メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

ピアニスト パウル・バドゥラ・スコダさん=9月25日死去・91歳

=横浜市西区で2009年10月、林喜代種撮影

自由な感性に生きる パウル・バドゥラ・スコダさん=ウィーンで9月25日死去・91歳

 すでに亡くなったピアニスト、フリードリヒ・グルダ、イエルク・デムスと共に「ウィーンの三羽がらす(欧米ではウィーンのトロイカ)」と呼ばれた3人の最後の一人だった。

 破天荒なグルダ、正統性を自負したデムスと違って、自由でやわらかな感性に生きていた。人生における恋も演奏に大きく反映した。古楽研究者の夫人と一緒になると、古楽奏法に基づいてベートーベンのピアノソナタの全曲演奏を行い、楽譜も校訂した。もちろん彼自身も以前から研究はしていたが、古楽に入ったきっかけは「彼女との出会い」とちゃめっ気たっぷ…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. ORICON NEWS ラルク、全436曲&全MV51本をサブスク解禁 インスタも開設

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです