メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらくα

感情労働とカスハラ/中 クレーム対応、見極めは

カスハラ対策のロールプレーで顧客役を演じる援川聡さん(中央)と池内裕美・関西大教授(左)=大阪市北区の関西大梅田キャンパスで2019年8月26日、加古信志撮影

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 正当か、それとも悪質か。顧客による「カスタマーハラスメント(カスハラ)」を見分けるのは難しい。気持ちを自己管理する必要がある「感情労働」の現場では、どう対応すればいいのか。関西大梅田キャンパス(大阪市)で8月末、ロールプレー(役割演技)などで学ぶカスハラ対策セミナーがあった。

この記事は有料記事です。

残り2580文字(全文2735文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  5. 新潟女性殺害で25歳男を指名手配 刃物で突き刺した殺人の疑い 県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです