メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

教員を魅力ある職業に シュライヒャーOECD教育・スキル局長

対談するアンドレアス・シュライヒャーOECD教育・スキル局長(左)と秋田喜代美東大教授=東京都豊島区で2019年9月7日午後4時17分、滝川大貴撮影

 <kyoiku no mado>

 経済協力開発機構(OECD、メモ(1))で教育に関する国際調査に関わるアンドレアス・シュライヒャー教育・スキル局長が9月に来日し、日本の教育の現状や課題について東京大教育学部長の秋田喜代美教授と語り合った。教員ら約600人が耳を傾けた。【成田有佳】

 対談はシュライヒャー氏の単著「教育のワールドクラス」の出版を記念して企画された。秋田教授は日本語版の翻訳を監修した。両氏の主なやりとりは以下の通り。

この記事は有料記事です。

残り1192文字(全文1409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  4. 青森市の61歳女性殺害容疑 同居の長男を逮捕

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです