メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第78期名人戦A級順位戦 羽生善治九段-渡辺明王将 第16局の2

8冠勢ぞろい

 昨年の夏、8タイトルを8人で分け合い、複数冠不在の戦国時代が到来した。年の瀬には竜王の防衛戦に敗れた羽生が27年ぶりで無冠に転落。

 一体、誰が一番強いのか混沌(こんとん)とする中で、一時は名人奪取によって豊島が3冠に躍進したが、それもつかの間。昨譜でも触れた通り、その後に棋聖と王位を失冠した。

 現時点でのタイトルホルダーは以下の通り。渡辺3冠(王将、棋王、棋聖)、永瀬2冠(叡王、王座)、豊島…

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文650文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 薬で鼓膜再生、保険適用 大阪の病院、来月にも治療開始

  2. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  3. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  4. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  5. ガンダムとシャア専用ザクを九谷焼の皿に 「ど真ん中世代」職人が描く 越前漆器のボトルも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです