メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯2019

試合中止、紳士のボランティア 岩手・釜石でカナダとナミビア

冠水した道路から泥をかき出すカナダ代表のジョシュ・ラーセン(右)=中尾卓英撮影

 台風19号の影響で13日のラグビーW杯ナミビア戦(釜石鵜住居復興スタジアム)が中止になったカナダ代表が同日、滞在中の岩手県釜石市で土砂を取り除くなどのボランティア活動に汗を流した。「紳士すぎて感謝しかない」「胸が熱くなった」など選手をたたえる声が相次いでいる。

 カナダは最終戦のナミビア戦で今大会初勝利を狙ったが、試合中止で引き分け扱いとなり、B組最下位が決まった。だが、その去…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. ひき逃げの女に「逃げろ」 同乗の男、初公判に現れ御用 京都府警

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. セブンペイ詐欺、指示役の中国人女逮捕 「微信でIDとパスワード送られてきた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです