メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯2019

桜の戦士、全勝の道 8強、新しい扉開く(その2止)

【日本-スコットランド】敗れたスコットランドの選手らにたたえられながらピッチを後にするリーチ(中央右)、稲垣(中央左)ら=長谷川直亮撮影

 ◆日本

主将とHC、尊重し絆

 7点リードで残り1分を迎えた。6万7000人を超えるファンからの震えるような「ニッポン」コールを背に、スコットランドの圧力に耐え抜き、ボールをキープ。歴史を塗り替える瞬間が訪れた。選手は抱き合い、観客も抱き合った。

 1次リーグで3勝しながら敗退した2015年の前回W杯から進化を遂げた礎は、海外出身者が半数近くを占めた多様性に満ちたチームをまとめた主将のリーチ(東芝)と、16年秋に就任したジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)との「協働」だった。

 リーチは前回大会の翌16年、心身の疲労から代表チームを離れた。所属チームと代表での活動に追われ、「…

この記事は有料記事です。

残り2269文字(全文2560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 玉沢元農相、自宅前で撃たれる 80代男が出頭、金銭トラブルか 命に別条なし

  3. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  4. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

  5. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです