メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相「激甚災害指定で調整」 プッシュ支援開始 予備自衛官を避難所へ

安倍晋三首相=川田雅浩撮影

 台風19号の被害に対応するための政府の「非常災害対策本部」の第3回会合が14日夕、首相官邸で開かれ、安倍晋三首相が今回の災害を激甚災害に指定する方向で調整していると明らかにした。激甚災害に指定されれば、復旧事業を行う被災自治体の財政負担が軽減される。首相は「自治体がちゅうちょせず、全力で応急対応や復旧に取り組めるようにしたい」と述べた。

 会合では、現地からの要請を待たずに食料や飲料水などの物資を届ける「プッシュ型支援」が同日から始まったことや、避難所での入浴支援や給水支援を行うため予備自衛官を動員することなどを確認した。また、堤防が決壊した国管理河川の緊急復旧工事を24時間態勢で進めていることも報告された。

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  2. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  3. 「緊急事態宣言解除」 諮問委が了承 西村担当相「実施する必要なくなった」

  4. 特集ワイド 乱世で「小池劇場」再び 風読みコロナ対応次々、好感度上昇

  5. 無言の抵抗の思いとは?医療従事者100人、ベルギー首相に背を向け「冷たい歓迎」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです