メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吉野さん、ノーベル賞決定後初の授業 名古屋・名城大

学生から花束を贈られ笑顔を見せる吉野彰さん(右から3人目)=名古屋市天白区の名城大で2019年10月14日午前、鮫島弘樹撮影

 今年のノーベル化学賞の受賞が決まった旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)が14日、教授を務める名城大(名古屋市)で、決定後初となる授業に臨んだ。21人の学生が聴講した。

 吉野さんは、2017年7月に同大大学院理工学研究科の教授に就任。昨年4月から大学院生を対象に「エネルギー環境材料工学特論」の講義を担当し、リチウムイオン電池の仕組みや内部構造、地球環境問題などについて講義している。授業は月曜午前9時10分スタートで、吉野さんは毎週日曜夜の最終新…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  2. 視聴室 十三人の刺客

  3. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  4. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  5. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです