メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吉野さん、ノーベル賞決定後初の授業 名古屋・名城大

学生から花束を贈られ笑顔を見せる吉野彰さん(右から3人目)=名古屋市天白区の名城大で2019年10月14日午前、鮫島弘樹撮影

 今年のノーベル化学賞の受賞が決まった旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)が14日、教授を務める名城大(名古屋市)で、決定後初となる授業に臨んだ。21人の学生が聴講した。

 吉野さんは、2017年7月に同大大学院理工学研究科の教授に就任。昨年4月から大学院生を対象に「エネルギー環境材料工学特論」の講義を担当し、リチウムイオン電池の仕組みや内部構造、地球環境問題などについて講義している。授業は月曜午前9時10分スタートで、吉野さんは毎週日曜夜の最終新…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 特集ワイド 走れ銚電 コロナ撃退、自虐パワー

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです