メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

台風による強風で木から落ちたリンゴを拾う人たち=長野市で2019年10月14日午前8時43分、佐々木順一撮影

 長野県内で初めて大雨特別警報が発令された台風19号の接近から一夜明けた13日、県内各地の被害状況が明らかになってきた。長野市穂保では千曲川の堤防が決壊し、大規模浸水が発生。住民らが避難を余儀なくされた。県などによると、佐久市で男性1人が死亡、行方不明者は4人、重軽傷者は8人が確認された。【島袋太輔、ガン・クリスティーナ、武田博仁】

 11月ごろに収穫期を迎えるリンゴなどの畑が広がる千曲川河川敷では木や果樹が水浸しになり、壊滅状態に。堤防が決壊して被害は近辺の畑まで広範囲に及び、農家からは残念がる声が聞こえた。

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文808文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 黒川氏訓告 法務省は自衛隊処分例「把握」 森法相答弁と食い違い

  4. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  5. 夏の味覚・クロマグロ「脂が乗り刺し身がお勧め」 鳥取・境港で今年初の水揚げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです