メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯 くまモン、熊本最終ゲームで踊った

試合前に披露された牛深ハイヤを一緒に踊るくまモン(奥)=えがお健康スタジアムで2019年10月13日、徳野仁子撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)のウェールズ―ウルグアイ戦が13日、熊本市東区の「えがお健康スタジアム」であった。台風19号の影響で岩手県釜石市では試合中止となる中、国内外のラグビーファン約2万7317人が詰めかけた。熊本でのW杯最終ゲームとあって、開催日が重なった日本代表戦にも負けない声援が飛んだ。

 試合前、台風の被災地に向け黙とう。ピッチでは熊本県天草市牛深町の伝統芸能・ハイヤ踊りが披露された。6日のフランス―トンガ戦に続いて登場した県のPRキャラクター「くまモン」とも共演し、躍動感ある踊りで盛り上げた。牛深ハイヤ保存会の山崎チエさん(74)は「受け継がれてきた『ハイヤ節』を国内外の方にも知ってもらえる貴重な機会」と喜んでいた。

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです