メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

[PR]

復旧工事が続く千曲川の堤防が決壊した現場=長野市穂保地区で2019年10月14日午前10時半、小型無人機で後藤由耶撮影

 台風19号による甚大な被害が出た東日本の自治体では14日、警察や消防、自衛隊などが行方不明者の捜索などを続けた。毎日新聞の午後6時時点の集計では、死者が11県で54人、行方不明者が6県で17人となった。

 自治体別の死者は、福島16人▽神奈川12人▽宮城10人▽群馬、栃木各4人▽埼玉、岩手各2人▽茨城、長野、千葉、静岡各1人。岩手県宮古市では土砂崩れに巻き込まれた男性1人、宮城県丸森町と同県角田市では2軒の浸水家屋から男性計2人、軽自動車が川に転落した相模原市緑区では車に乗っていたとみられる男性1人の遺体を発見するなどした。各自治体や警察が身元確認を急いでいる。

 また、国土交通省のまとめ(午後4時時点)によると、土砂災害は134件発生。内訳は、がけ崩れが埼玉など17都県で109件▽土石流が長野など11都県で17件▽地滑りが新潟などで8件――となっている。

 総務省消防庁によると、全自治体の避難者は14日午後6時時点で約3万8000人。14日夜も雨が降っている被災地があり、気象庁は土砂崩れなどへの警戒を呼び掛けている。東日本は15日も広い地域で雨になる見込み。【渡辺暢、馬渕晶子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

  2. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  3. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  4. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです