メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

尾道港から高野山へ 550年ぶりに米奉納

新米などを奉納した山本稔委員長(中央)ら実行委メンバーと添田隆昭・宗務総長(右)=高野町の高野山真言宗総本山金剛峯寺で2019年9月22日、松野和生撮影

 広島県世羅町と尾道市の民間有志約40人が先月、地元産の新米45キロなどを高野山(和歌山県高野町)に奉納した。かつて備後国大田庄と呼ばれた米どころの世羅町は、高野山の領地として年貢米を納めてきた歴史がある。その積み出し港となった尾道港が、今年で開港850年を迎えたことを記念して、約550年ぶりに故事を再現した。

 平氏の領地だった大田庄は1169(嘉応元)年、後白河法皇に寄進された。平氏滅亡後、その霊を鎮めるた…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  3. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです