メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

3300個の手作り灯籠が幻想世界に招く 福岡・正恩寺

波紋を思わせる光の模様が境内に広がった「光の藝術祭」=福岡県飯塚市川島の正恩寺で2019年10月12日、平山千里撮影

 約3300個の灯籠(とうろう)が幻想的な光を放つ「飯塚光の藝術(げいじゅつ)祭」が13日、福岡県飯塚市川島の正恩寺であった。

 2003年に同市を襲った水害からの復興を祈った「灯明祭」が前身。その後、同市出身で田川市在住の芸術家、坂本鷹也さん(34)が実行委員長となって、子供たちが参加できる体験型の芸術イベント…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文391文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 マイナンバーと口座ひも付け 見え透いた国民監視の魂胆

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです