メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水俣病被害訴え続けた坂本フジエさん死去 94歳 胎児性水俣病患者の母

国連人間環境会議に参加したときの写真を見て当時を振り返る坂本フジエさん(左)としのぶさん=熊本県水俣市で2013年1月18日、西貴晴撮影

 胎児性水俣病患者の母で、自らも患者として水俣病の被害実態を訴え続けた坂本フジエ(さかもと・ふじえ)さんが13日、肝臓がんのため死去した。94歳。通夜は14日午後6時、葬儀は15日午前11時、熊本県水俣市港町3の1の29の斎場パールホールいけだ。自宅は水俣市袋786。喪主は長男保(たもつ)さん。

 水俣市生まれ。長女を水俣病で亡くし、次…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文365文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです