河村名古屋市長「納得できる形に」 作家「政治家は文化に口を出さない方が」 公開討論

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
あいちトリエンナーレの出展作家との公開討論に臨む、名古屋市の河村たかし市長(右から2人目)。右は公開討論を呼びかけた作家、加藤翼さん=名古屋市西区で2019年10月14日午後4時23分、野村阿悠子撮影
あいちトリエンナーレの出展作家との公開討論に臨む、名古屋市の河村たかし市長(右から2人目)。右は公開討論を呼びかけた作家、加藤翼さん=名古屋市西区で2019年10月14日午後4時23分、野村阿悠子撮影

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」最終日の14日、名古屋市の河村たかし市長は、市内で開催された出展作家3人との公開討論に参加した。

 公開討論は、企画展「表現の不自由展・その後」が一時中止されたことを受け、市内に議論をするためのスペース「サナトリウム」をつくった作家、加藤翼さん(35)が呼びかけ、実現した。不自由展に出品した小泉明郎さんも参加した。

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文544文字)

あわせて読みたい

注目の特集