メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

水が引き、泥が残った本宮市本宮南町裡地区=福島県本宮市本宮で2019年10月14日午前11時17分、寺町六花撮影

[PR]

 住宅街が広範囲に浸水した福島県本宮(もとみや)市本宮に14日、取材に入った。水が引いたばかりの町は粘り気の強い茶色い泥に覆われ、歩くと足を取られる。木々や標識が折れ曲がり、マンホールから水が噴き出していた。1階部分が浸水した住宅の中からは相次いで遺体が見つかった。阿武隈川が氾濫、支流の安達太良川の堤防が一部決壊したため、両川に接する低地帯で被害が広がったとみられる。

 安達太良川から南に約150メートル離れた南町裡(みなみまちうら)地区では、14日午前7時ごろ、2階建て民家の前で相模原市の男性(52)が「避難所にも母の名前がない」と心配そうに、実家へ入れるところを探していた。福島県の被害の大きさをテレビで知り、1人暮らしの母親が心配で、車で駆けつけた。

浸水した公園(手前)やスーパー=福島県本宮市本宮で2019年10月13日午前11時26分、寺町六花撮影

 午前8時過ぎ、鍵を持つデイサービスの職員が来て、1階から男性の母親(70代)が死亡しているのが見つかった。近所の人によると、女性は足腰が弱っていたという。近くの高橋順子さん(69)は12日夜に避難したが、避難所で女性がいないことに気づき、市の職員らに救出を求めた。「水が来たのはあっという間で、避難する時に周りに声をかける暇もなかった」と悔しがった。

 安達太良川から北に約150メートルの舘ノ越(たてのこし)地区では14日午後1時ごろ、平屋建て住宅の前に警察官がいた。この日、住宅内で40代男性が発見されたという。この住宅の前にいた歯科医院を営む男性(47)によると、発見されたのは同じ医院で働く歯科医で、12日も出勤していたという。同日午後10時25分ごろ、避難指示が発令されたため、13日午前3時ごろ、「避難しろ」とこの歯科医に電話をすると「くるぶしまで水が来た」「物が流される」などと返事があったが、その後は連絡がとれなくなった。「避難の指示が出たら、空振りでもいいから絶対に逃げた方がいい。高齢か若いかなんて、関係ない」。男性は唇を震わせた。

 隣家の男性理容師(48)は2階建て店舗兼自宅の2階にいた。1階が浸水し、家具が浮いて天井に当たったり、ガラス窓が割れる音が聞こえたりしたという。「『雨が静かだな』と思って外を見ていたら、怖いくらいひたひたと水が町にたまり、13日の明け方には2階まで水が来そうで怖かった。ボートでやっと助かった」と振り返った。【寺町六花】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 検察は黒川氏以外にも賭けマージャンをした者がいるか徹底的に調査せよ

  4. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです