メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スコットランド、屈強なFWで反撃も 日本の厳しい防御、最後まで突破できず

【日本-スコットランド】後半、相手の突進を阻むリーチ(中央)=横浜・日産スタジアムで2019年10月13日、長谷川直亮撮影

 屈強なFW陣が力で日本の防御網をこじ開けていく。後半、劣勢だったスコットランドはFW勝負に懸けた。

 7―28の後半9分。ゴール前のスクラムから反撃し、プロップ・ネルが突進してトライ。5分後にはゴール前の連続攻撃で、途中出場のプロップ・フェーガーソンがインゴールに飛び込んだ。120キロ級のFWのパワープレーで一気に7点差に詰め寄ったが、最後の20分の攻撃は再び停滞。選手たちは明らかにいらだち、集中力を欠いたプレーを見せるなど余力は残されていなかった。

 前半に司令塔のラッセルが自らのキックを起点に先制トライを挙げたように、ボールを大きく動かす展開ラグビーこそが理想な形だった。バックス陣に世界レベルの選手を擁するが、日本の厳しい防御の前に自由を奪われた。世界屈指の突破力を持つFBホッグでさえ、「攻めても攻めても日本に押し返された」。主役たちが仕事をさせてもらえない展開が続いた。

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 賭けマージャン「黒川氏と同レート」の自衛隊員は「停職」 法務省「参考にせず」

  2. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  3. 砥部焼でアマビエ にっこり表情豊かに 愛媛の絵付け職人「和んでほしい」

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです