メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スコットランド、屈強なFWで反撃も 日本の厳しい防御、最後まで突破できず

【日本-スコットランド】後半、相手の突進を阻むリーチ(中央)=横浜・日産スタジアムで2019年10月13日、長谷川直亮撮影

○日本28―21スコットランド●=13日・日産スタジアム(ラグビーW杯、1次リーグA組)

 屈強なFW陣が力で日本の防御網をこじ開けていく。後半、劣勢だったスコットランドはFW勝負に懸けた。

 7―28の後半9分。ゴール前のスクラムから反撃し、プロップ・ネルが突進してトライ。5分後にはゴール前の連続攻撃で、途中出場のプロップ・フェーガーソンがインゴールに飛び込んだ。120キロ級のFWのパワープレーで一気に7点差に詰め寄ったが、最後の20分の攻撃は再び停滞。選手たちは明らかにいらだち、集中力を欠いたプレーを見せるなど余力は残されていなかった。

 前半に司令塔のラッセルが自らのキックを起点に先制トライを挙げたように、ボールを大きく動かす展開ラグビーこそが理想な形だった。バックス陣に世界レベルの選手を擁するが、日本の厳しい防御の前に自由を奪われた。世界屈指の突破力を持つFBホッグでさえ、「攻めても攻めても日本に押し返された」。主役たちが仕事をさせてもらえない展開が続いた。

 それでも伝統を紡いできたチームは後半に立て直し、短いパスをつなぐ手堅い攻めに切り替えて活路を見いだした。伝統的に強いFWの安定したセットプレーと仕事量を糧にリズムを取り戻したが、反撃が遅すぎた。

 前回大会は準々決勝のオーストラリア戦で試合終盤の「誤審」で逆転され、34―35で惜敗した。それだけに今大会に懸ける思いは強かった。「W杯はあと4年待たないと来ない」と悔やんだタウンゼンド監督。伝統チームのW杯は志半ばで終わった。【長宗拓弥】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです