メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女子バイルス5冠、通算メダル最多25 男子ナゴルニー3冠 世界体操

女子個人総合決勝で床運動の演技をする優勝した米国のシモーン・バイルス=ドイツ・シュツットガルトで2019年10月10日、宮間俊樹撮影

 体操の世界選手権は最終日の13日、ドイツのシュツットガルトで種目別決勝後半があった。男子の平行棒で萱和磨(セントラルスポーツ)が14・966点で3位となり、団体総合に続き銅メダルを獲得した。橋本大輝(千葉・市船橋高)は鉄棒で4位だった。跳馬はニキータ・ナゴルニー(ロシア)が14・966点で初制覇し…

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文349文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです