食品ロス削減推進シンポジウム 待って!それ捨てる!?

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
シンポジウムには約180人が参加し、熱心に聴き入った=東京都千代田区一ツ橋1の毎日ホールで2019年10月2日、山田茂雄撮影
シンポジウムには約180人が参加し、熱心に聴き入った=東京都千代田区一ツ橋1の毎日ホールで2019年10月2日、山田茂雄撮影

 「食品ロス削減推進シンポジウム」(環境省・毎日新聞社主催、株式会社ローソン協賛)が2日、東京都千代田区一ツ橋1の毎日ホールで開かれ、約180人が参加した。食品ロスの削減の推進に関する法律(食品ロス削減推進法)の施行(1日)、食品ロス削減月間(10月)を受けた開催で、食品ロス問題専門家の井出留美さんの講演、環境省環境再生・資源循環局廃棄物適正処理推進課の名倉良雄課長による報告の後、料理研究家の島本美由紀さん、お笑いコンビ「マシンガンズ」の滝沢秀一さん、消費者庁消費者教育推進課の宮原真太郎課長、農林水産省食料産業局バイオマス循環資源課食品産業環境対策室の野島昌浩室長、ローソン事業サポート本部参事の深田裕康さんを加えた7人によるパネルディスカッションをした。シンポジウムの内容を報告する。【斗ケ沢秀俊、写真・山田茂雄】

この記事は有料記事です。

残り3956文字(全文4317文字)

あわせて読みたい

注目の特集