メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポ

東京バレエ団リハーサル 勅使川原作「雲のなごり」、世界初演へ ノスタルジア表現に熱

勅使川原三郎「雲のなごり」のリハーサルに励む秋元康臣(右)、沖香菜子ら=2019年10月8日

 独自の身体表現で知られる振付家・勅使川原三郎の作品を、東京バレエ団が世界初演する。表題は中世の歌人・藤原定家の一首から引いた「雲のなごり」。折しも定家による「源氏物語」の写本1帖(じょう)が発見された。思いがけない符合に「今の時代にこそ彼の言葉が響く」との確信を深めた勅使川原。稽古(けいこ)も山場を迎えている。

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1084文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. 「嵐」二宮和也さん、元アナウンサー女性と結婚 「一人の男としてケジメ」

  4. 「相談受ける立場を利用し悪質」 教え子の女子中学生らに校内でみだらな行為 元教師に実刑判決

  5. 火縄銃2丁や刀剣など盗難 奈良・大和郡山市所有 倉庫の鍵はガスメーターの陰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです