メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

女優 高畑淳子/3 芝居当たり、続々依頼

 「あっちゃんの芝居はどこも悪くないけど、おもしろくないんだよね」。1985年の舞台「セイムタイム・ネクストイヤー」の初日直前、共演する加藤健一の言葉に高畑は息をのんだ。それぞれ家庭のある男女が、年に1度だけ会って浮気をするラブコメディー。この時も稽古(けいこ)中の指示はすべて書き取り、万全の状態で臨んでいた。

 加藤は続けた。「芝居はお祭りなんだよね。稽古場は君の遊び場で、台本はおもちゃなんだ」。当時の高畑は…

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文795文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 事件後に25万円引き出される 奈良・橿原男性焼死 アパート住民と連絡取れず

  4. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  5. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです