メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

年金繰り下げ受給は得か? 「70歳まで働く」を目安に

元気にウオーキングする高齢者=富山市総曲輪4の市まちなか総合ケアセンターで2018年6月7日、青山郁子撮影

 年金はいつからもらえば得ですか?――。各地の年金相談会などで、中高年世代からこんな質問が増えているという。「2000万円不足問題」などから、老後に関心が高まっているためだ。「もらう時期を繰り下げれば、受給額は大幅に増える」とも聞くが、それは本当に得なのか。年金のもらい方を調べてみた。【宇田川恵】

 今年5月に誕生日を迎え、60歳になった東京都在住の男性はちょっと浮かない顔をしている。再雇用制度を使い、引き続き同じ会社に勤務。給料は半分以下になったが、子供もそろそろ手が離れるから、何とか食べていけるはず。年金額が増えるなら受給は繰り下げた方がいいと思っていた。しかし最近、急速に持病の内臓疾患が悪化。「受給できるまで生きていられるか」と不安が膨らむ。同じように悩む中高年は少なくないだろう。

 老後を支えてくれる基礎年金や厚生年金などの老齢年金は原則、65歳からもらえる。だが希望すれば60~…

この記事は有料記事です。

残り2487文字(全文2884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  3. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  4. 集合住宅に女子高生の絞殺遺体 住人の男も首をつり死亡 兵庫県警

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです