メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

多様性の中身

 2020年東京五輪・パラリンピックを前に、外国人と日本人がタッグを組むラグビー日本代表の快進撃を「多様性ある社会の象徴」と見る人は多いと思う。そんな時だからこそ、社会全体で考えたいテーマがある。

 その一つが、日本の難民受け入れを巡る問題だ。難民とは、紛争や迫害から命を守るため祖国を逃れざるを得なかった人を指す。

 東京・西神田の難民支援協会には毎日、数十人が助けを求めてやってくる。難民申請や日本語学習、就労先の…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  3. 愛媛・西条市が「若者が住みたい田舎」全国1位に 前年5位からアップ

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです