メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

多様性の中身

 2020年東京五輪・パラリンピックを前に、外国人と日本人がタッグを組むラグビー日本代表の快進撃を「多様性ある社会の象徴」と見る人は多いと思う。そんな時だからこそ、社会全体で考えたいテーマがある。

 その一つが、日本の難民受け入れを巡る問題だ。難民とは、紛争や迫害から命を守るため祖国を逃れざるを得なかった人を指す。

 東京・西神田の難民支援協会には毎日、数十人が助けを求めてやってくる。難民申請や日本語学習、就労先の紹介など包括的な支援と、政策提言を続ける創立20年の認定NPO法人だ。

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

  2. フォーカス 松下洸平 ドラマ「#リモラブ」青林風一役 恋がほぐす頑固な心

  3. ORICON NEWS 映画『コナン』来年4・16公開決定 高山みなみ「ワクワク感高めていきたい」 新プロジェクトも発表

  4. 不法残留の疑い ベトナム人3人逮捕 梨の窃盗事件で家宅捜索 埼玉県警

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです