メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

となりのファーマー

/43 森の農園(神戸市西区) 無農薬で伸び伸び育む

収穫間近のたわわに実った無農薬米の前で笑顔をみせる森野和彦さん家族=神戸市西区伊川谷町で、高尾具成撮影

 アイガモ農法を取り入れた無農薬米や年間約50種類の無農薬野菜をつくる農家があると聞き、神戸市西区伊川谷町前開にある「森の農園」を訪ねた。

 額に巻いたタオルの上から麦わら風の帽子をかぶった経営者の森野和彦さん(55)はいかにも自然体といった感じだ。知る限りでも曽祖父の時代から代々農家を営む一家という。

 「父の時代は大阪までスイカやトマトを卸しにいっていたそうです。神戸といっても伊川谷は昔から農作物の…

この記事は有料記事です。

残り1948文字(全文2149文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです