メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国連事務次長 日本のPKO評価 遠隔医療での支援期待

インタビューに応じるアトゥール・カレ国連活動支援担当事務次長=東京都内で2019年10月15日午前10時1分、鈴木一生撮影

 国連の平和維持活動(PKO)の運用全般を統括するアトゥール・カレ国連活動支援担当事務次長(60)が15日、東京都内で毎日新聞のインタビューに応じた。自衛隊によるPKO要員派遣国に対する重機操作などの訓練を評価し、新たにインターネットなどを使った遠隔医療での支援を期待した。

 カレ氏は、かつて約70%を占めていたPKO要員派遣国に占める先進国の割合が現在は約19%になっていると指摘。「途上国出身の要員が多くなり、装備品や技術の不足がPKOの安全面の深刻な問題になっている」と説明し…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです